大好評

ご融資どっとこむ

説明文

公式サイトへ

 

ブラックのデメリット

ブラックというのは信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことなので、
一般的にいわれている「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しません。
では、ブラックになるとどういったデメリットがあるのでしょうか?

「戸籍にキズがつく」「マンションを追い出される」「就職できない」「他人にバレてしまう」
と思っている人もいますが、これらは全て誤った知識です。
ブラックになったからといって、戸籍にキズがつきませんし、マンションを追い出されることもありません。
就職・転職で不利になったり、他人にブラックがバレるようなこともないのです。
ブラックになるデメリットはひとつです。
審査が通りづらくなり、ある程度の期間お金を借りるのが困難になることです。
これがブラックになる唯一のデメリットになります。

中には「そのくらいならいいかな」と軽く考える人もいるでしょう。
しかし、お金を借りることができないというのは非常に大変なことです。
お金を借りるというとキャッシングを一番最初に思い浮かぶかもしれませんが、それだけではありません。
キャッシング以外にもクレジットカードやローンにも影響を及ぼします。
クレジットカードやカードローンが使えなくなりますし、
申し込みをしても審査で落ちるので発行することができません。
住宅ローンや教育ローンも組めなくなるので、家族にも迷惑をかけてしまいます。

そして、一番怖いのはそこからヤミ金を利用してしまうことです。
お金をどこからも借りることができないとヤミ金に手を出したくなります。
他の消費者金融ではお金を貸してくれなくてもヤミ金は簡単に貸してくれるので
ついつい危険だと分かっていても借りてしまう人がいます。
ヤミ金からお金を借りてしまうと完済するのが非常に難しいです。
たたでさえ法外な金利で借りているのに返済サイクルが短いですし、強引に貸し付けされることだってあります。
そうするといつまで経ってもヤミ金と縁を切ることができず、この先ずっと支払いを続けることになります。

そのため、どんなにお金に困ったとしてもヤミ金だけは利用しないようにしてください。
仮に利用して抜け出せなくなった場合、すぐに弁護士や司法書士に相談して早めに解決しましょう。
またヤミ金からお金を借りても返済が滞っても信用情報にキズがつくことはありません。
これはヤミ金が信用情報機関に加盟していないことが多いからです。
そもそもヤミ金は貸金業の登録をしていません。

 

 

ブラックになる原因

ブラックになる原因は大きく分けて2つあります。
まずはお金を返さないことです。
キャッシングやカードローンで借りたお金を返済しなかったり、
クレジットカードの支払いをしなかった場合にブラックになります。
ただ1日でも遅れたらすぐにブラックになるという訳ではありません。
ブラックになるには条件があります。
その条件とは61日以上支払いを延滞した場合と3回目の支払日を超えても延滞している場合です。
このくらいの期間、お金を借りて返さなかった場合、信用情報機関に事故情報として登録され、
ブラック入りします。

「たったそれだけでブラックにするのは酷い!」と思う人もいるでしょう。
しかし、相手からするとこれは非常に大きな問題です。
お金を返してもらわないと貸した意味がありませんし、
ブラックにしないとその人は色々なところからお金を借りて、
また滞納するという行為を繰り返す恐れがあります。
そんな人を信用する方が難しいですよね?
貸金業者からすると返してもらえる可能性はゼロではありませんが、信用するのに値しないので、
できる限りそういった人とは関わりたくありません。
だからこそ、信用情報機関に事故情報を登録し、ブラックにするのです。

これは消費者金融や銀行、クレジットカード会社が悪い訳ではなく、お金を返さない自分が悪いのです。
借りたお金を返すという当たり前のことをしていれば、ブラックになることはないので、
欲しいものや食べたいものにお金を使うのではなく、返済を優先してください。
滞納した情報が信用情報から消えるまでの期間は各信用情報機関によって異なります。
全国銀行個人信用情報センターの場合は1年程度、CICと日本信用情報機構は5年程度です

そして、債務整理もブラックになる原因です。
毎月支払いしていても、もう限界という場合もあるでしょう。
そういった時に行うのが債務整理です。
債務整理とは法的な手続きを行って、借金を減額させたり、借金をなしにすることです。
例えば、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停がこれに該当します。
過払い金請求は原則ブラックになることはありませんが、状況次第ではなる可能性もあるので注意しましょう。
債務整理の情報が消えるまでの期間は手続きの種類によって異なります。
任意整理・個人再生・特定調停の場合は5年程度、自己破産の場合は5年から10年程度です。

この2つの条件のひとつでも満たせば、ブラックになってしまいます。

 

 

ブラックだと借りられないは嘘!?

ブラックだとお金を借りられないと信じている人が非常に多いですが、
正しくは借りられないのではなく「借りづらい」です。
お金を借りることはできますが、信用を失うので審査で落とされることが多く、
貸してくれるところが少なくなります。
「借りられない」と「借りづらい」は全く別の話なので間違えてはいけません。
つまり、ブラックになってもお金を借りることができる可能性はあるということです。

ただ、貸してくれるところは狭まってしまうので、そう簡単に借りることはできません。
例えば、アコム・アイフル・プロミスといった大手消費者金融をはじめ、
みずほ銀行や三井住友銀行カードローンなどのカードローンに申し込んでも
100%といっていいほど審査に落ちます。
信用情報を非常に気にするので、事故情報を見つけた場合、その時点で審査は終了です。
そのため、ブラックになるとそういったところからは一定期間お金を借りることができなくなります。

お金を貸してくれるところは審査が甘い消費者金融のみです。
審査が甘い消費者金融とは顧客を得るのに必死な中小企業の会社です。
そういった消費者金融は信用情報に問題があっても審査をきちんと行ってくれるので、
お金を貸してくれる可能性があります。
同じく新しくできたばかりの消費者金融も顧客が欲しいので審査を行ってくれることが多いです。
ブラックになった場合、このような審査の甘い消費者金融に申し込みすれば、
お金を借りることができるかもしれません。
あくまでも可能性なので、申し込みする会社の審査基準次第によってはやはり駄目という場合もあります。
もともと借りづらい状況なので、「借りることができればいいな」程度に思っていた方がいいでしょう。

このようにブラックでも消費者金融からならお金を借りることはできますが、
銀行からお金を借りることもできません。
銀行は消費者金融とは違って、審査が甘いところなんて存在しません。
どこも厳しい審査が待っているので、ブラックになるとお金を借りるのは不可能です。
またクレジットカードの発行も無理なので、申し込むをするのは控えてください。
キャッシングやカードローン、クレジットカードの申し込みを
何度も短期間で行ってしまうと次は申し込みブラックになります。
短期間で色々なところに申し込むと印象が悪くなるため、
それこそどこもお金を貸してくれなくなるので絶対にやめましょう。

 

 

 

ご融資どっとこむ株式会社

ご融資どっとこむ

ライフティの口コミは?

これはブラックになる?

ブラックでも審査してもらえるライフティって?

ブラックになった人の体験談

ブラック情報は消せるの?

過払い請求はブラックになる?

奨学金の滞納もブラックになる?

審査の甘い消費者金融あら大丈夫?